製作:NPO法人水煙ネット

第15回
インターネット俳句コンテスト
入賞発表


◇主催◇
愛媛県久万町教育委員会
NPO法人水煙ネット

◇後援◇
愛媛県教育委員会・愛媛新聞社・NHK松山放送局・南海放送
東京四季出版青葉図書

◇審査員◇
|秋尾敏/軸主宰|五島高資/俳句スクエア主宰|高橋信之/愛媛大学名誉教授|高橋正子/水煙主宰|信岡資生/成城大学名誉教授|柳田征司/奈良大学教授|渡部芳紀/中央大学教授| (五十音順)

[2004年秋]


【金賞】
芒穂の揺れて光を拡げたり 岩本康子/福岡

【銀賞】
芭蕉布や潮を紡ぎ風を織り 岩永美恵子/長崎
凌霄花切る夕焼けの空も切る おおにしひろし/愛媛

【銅賞】
絵日記のツバメことごと口をあけ 長瀬正之/神奈川
光りつつ水を離れる川とんぼ 藤田洋子/愛媛
十五夜の光遍く戦地まで 岩本康子/福岡

【青葉賞】(青葉図書有限会社提供)
川とんぼ空気に重さ生まれけり 碇 英一/兵庫

【新樹賞】(NPO法人水煙ネット理事長提供)
蜻蛉の風の音連れ行き来する 日野正人/愛媛

◆

【秋尾 敏先生特選】
一房の葡萄かかへし地蔵かな 伊藤華将/千葉
月白やふわりと跳べるトウシュ−ズ 石井秀子/東京
白砂に潜りて海老の目の涼し 藤田久夫/愛媛
体操の輪の真ん中の大夏木 山中啓輔/大阪
絵日記のツバメことごと口をあけ 長瀬正之/神奈川
地球儀に赤き北鮮鳥渡る 北野一清/神奈川
川とんぼ空気に重さ生まれけり 碇 英一/兵庫
十五夜の光遍く戦地まで 岩本康子/福岡

【五島高資先生特選】
芭蕉布や潮を紡ぎ風を織り 岩永美恵子/長崎
月白やふわりと跳べるトウシュ−ズ 石井秀子/東京
噴水の水の姿を映す水 山中啓輔/大阪
児と遊ぶベットを照らす十三夜 吉村紀代子/京都
青空を掴み損ねし曼珠沙華 武田稲子/岩手
川とんぼ空気に重さ生まれけり 碇 英一/兵庫
秋草や小さき星座ゆるがざり 小西 宏/神奈川
十五夜の光遍く戦地まで 岩本康子/福岡

【高橋信之先生特選】
凌霄花切る夕焼けの空も切る おおにしひろし/愛媛
五月晴れ素手でつかんでみたきもの 大石和堂/京都
足場組むパイプの天辺鬼やんま 吉田邦幸/東京
蜻蛉の風の音連れ行き来する 日野正人/愛媛
いくさ止めみんな仲間さいわし雲 武田稲子/岩手
光りつつ水を離れる川とんぼ 藤田洋子/愛媛
新涼や重ねし絹に鋏音 河ひろこ/秋田
芒穂の揺れて光を拡げたり 岩本康子/福岡

【高橋正子先生特選】
露けしや信濃のをとこ鎌を砥ぐ 小島和英/長野
芭蕉布や潮を紡ぎ風を織り 岩永美恵子/長崎
噴水の水の姿を映す水 山中啓輔/大阪
竿足して空へ空へと初幟 志賀たいじ/北海道
大いなる自由の響き夏休み 多田有花/兵庫
蜻蛉の風の音連れ行き来する 日野正人/愛媛
水打てば芋の葉はっしと受けとめり 鈴木 強/滋賀
十五夜の光遍く戦地まで 岩本康子/福岡

【信岡資生先生特選】
芭蕉布や潮を紡ぎ風を織り 岩永美恵子/長崎
大根の土塊叩き落としたり 今井伊佐夫/岐阜
白砂に潜りて海老の目の涼し 藤田久夫/愛媛
蔓薔薇や歓喜の歌そのままに 安丸徹二/兵庫
凌霄花切る夕焼けの空も切る おおにしひろし/愛媛
字三戸青田の青に溺れいる おおにし・ひろし/愛媛
光りつつ水を離れる川とんぼ 藤田洋子/愛媛
芒穂の揺れて光を拡げたり 岩本康子/福岡

【柳田征司先生特選】
絵日記のツバメことごと口をあけ 長瀬正之/神奈川
凌霄花切る夕焼けの空も切る おおにし・ひろし/愛媛
大いなる自由の響き夏休み 多田有花/兵庫
ポケットに栗飯にたる重さあり 古田けいじ/愛知
光りつつ水を離れる川とんぼ 藤田洋子/愛媛
新涼や重ねし絹に鋏音 河ひろこ/秋田
秋薔薇の鉄柵越えて強き赤 池田加代子/東京
芒穂の揺れて光を拡げたり 岩本康子/福岡 

【渡部芳紀先生特選】
おしろいや妻は生涯化粧せず 佐藤博一/神奈川
芭蕉布や潮を紡ぎ風を織り 岩永美恵子/長崎
一房の葡萄かかへし地蔵かな 伊藤華将/千葉
日盛りやサンタマリアの大聖堂 山口日張男/愛媛
竿足して空へ空へと初幟 志賀たいじ/北海道
絵日記のツバメことごと口をあけ 長瀬正之/神奈川
星空に影尖らせるテント村 池田多津子/愛媛
芒穂の揺れて光を拡げたり 岩本康子/福岡

◆

【入選17句】
百人の村の年寄り星月夜 町田智弘/神奈川 
山清水村潤して天近し 太田淳子/鳥取
鶯のど真ん中行くハイキング 田端秀雄/京都
子目高の影を浮かせて真昼時 祝恵子/大阪
暴風裡さびしさありて梨を剥く 堀佐夜子/大阪
ほほそめし乙女のような新生姜 大山まさ子/埼玉
アキアカネ蔵王の空を風のまま 渋谷洋介/東京
あおあおと空の昏れ行く山の秋 篠木睦/三重
白壁に垂れる朝顔覚める朝 熊取谷あゆ子/兵庫
朝市の広きに新米並びいる 池田多津子/愛媛
稲刈りも終わりて分校勢揃い 古賀一弘/東京
手にずっしり山栗提げれば軽き音 日野正人/愛媛
イチローのバット垂直さわやかに 碇 英一/兵庫
最果てへつもる想いよ雲の峰 竹本明弘/千葉
コスモスに汽車の音して揺れはじむ 藤田洋子/愛媛
秋澄みてセロを背負いて芸大生 守屋光雅/岩手
夏蝶の花から離れ我からも 藤田裕子/愛媛


第1次予選は、 インターネット俳句コンテスト実行委員会が審査致しました。 本選では、一般の部の総括が高橋信之先生(愛媛大学名誉教授)で、 小中学生の部の総括が吉田晃先生(松山市垣生中学校長)でした。 インターネット俳句コンテスト実行委員会 委員長 高橋正子 事務局メール:contest200406@suien.org 電話:089-925-6023

★入賞された方には賞状・賞品を郵送いたします。 ★小中学生の部は、ここをクリックしてご覧下さい。 ★第1次予選は、インターネット俳句コンテスト実行委員会が審査致しました。 インターネット俳句コンテスト実行委員会 委員長 高橋正子 メール:contest2003@suien.net 電話:089-925-6023




■入賞作品/第1回〜第14回■

第1回(1997秋) 第2回(1998冬) 第3回(1998春)
第4回(1998夏) 第5回(1998秋) 第6回(1999冬)
第7回(1999春) 第8回(1999夏) 第9回(2000春)
第10回(2000秋) 第11回(2001秋) 第12回(2002秋)
第13回(2003秋) 第14回(2004春)