製作:NPO法人水煙ネット

第14回
インターネット俳句コンテスト
入賞発表


◇主催◇
NPO法人水煙ネット
愛媛県久万町教育委員会

◇後援◇
愛媛県教育委員会・愛媛新聞社・NHK松山放送局・南海放送
日本情報通信システム株式会社東京四季出版青葉図書

◇審査員◇
|秋尾敏/軸主宰|五島高資/俳句スクエア主宰|高橋信之/愛媛大学名誉教授|高橋正子/水煙主宰|信岡資生/成城大学名誉教授|柳田征司/奈良大学教授|渡部芳紀/中央大学教授| (五十音順)


【金賞】
一点より縦横の道卒業す 大石和堂/京都

【銀賞】
鳴らぬ子の草笛鳴りて歩き出す 葉鳥洵/三重

【銅賞】
落椿日を跳ね返す力有り とくのあけみ/愛媛


【青葉賞】(青葉図書有限会社提供)
卒業の花束まっすぐ差し出せり 野仁志水音/大阪

【若鮎賞】(日本情報通信システム株式会社提供)
ジョギングの肺一杯に五月かな 森田涼/千葉

【新樹賞】(NPO法人水煙ネット理事長提供)
石臼が受けて溢れる春の水 古田けいじ/愛知

◆

【秋尾 敏先生特選】
卒業の花束まっすぐ差し出せり 野仁志水音/大阪
春光や太陽のまだ濡れてをり 篠木睦/三重
春一番灯油のポンプ押しながら 堀佐夜子/大阪
ゆきわたる水に音させ種浸す 小峠静水/大阪
一点より縦横の道卒業す 大石和堂/京都
ぶらんこの声青空に放り出す 池田多津子/愛媛
マンモスを閉じ込めたまま春来たる しきせつこ/兵庫
東風やはらかぎやうせん飴を売るおばば 竹村昌彦/東京

【五島高資先生特選】
落椿日を跳ね返す力有り とくのあけみ/愛媛
春風に十指開きし羅漢かな 伊藤華将/千葉
槌音のいつしか止みて春真昼 向井隆子/広島
ジョギングの肺一杯に五月かな 森田涼/千葉
雪解けの音を集めて海へ行く 池田多津子/愛媛
無人駅出るや落花のただ中に 井上明/兵庫
花びらを肩に運んで遍路行く 山田美紀/愛媛
石臼が受けて溢れる春の水 古田けいじ/愛知

【高橋信之先生特選】
卒業の花束まっすぐ差し出せり 野仁志水音/大阪
囀りも鍬打つ音もそらの広さへ 宮地ゆうこ/高知
一点より縦横の道卒業す 大石和堂/京都
雪解けの音を集めて海へ行く 池田多津子/愛媛
堤防のものの芽踏んで鬼ごっこ 高橋秀之/大阪
大いなるうねりの中に年歩む 安丸徹二/兵庫
がっしりと藤棚作り房あまた 祝恵子/大阪
風が吹く芽吹く銀杏の高さにも 藤田洋子/愛媛

【高橋正子先生特選】
真四角のオフィス彩る膝毛布 森美保/群馬
青麦の中一直線に汽車走る 山野きみ子/東京 
一点より縦横の道卒業す 大石和堂/京都
薄氷や深山に戻る滝の音 多田有花/兵庫
春田打ち吾は浅間の風纏う 小島和英/長野
鳴らぬ子の草笛鳴りて歩き出す 葉鳥洵/三重
石臼が受けて溢れる春の水 古田けいじ/愛知
歩を止めて一番星を花の間に 藤田荘二/神奈川

【信岡資生先生特選】
春場所の明荷に土の匂ひ哉 島村和良/東京
落椿日を跳ね返す力有り とくのあけみ/愛媛
薄氷や深山に戻る滝の音 多田有花/兵庫
無造作に桃の枝活け明るい玄関 吉田晃/愛媛
風道へ高く差し揚ぐ干鰈 平野あや子/兵庫
ドビュッシー聴き春の水溢れだす 竹村昌彦/東京
春日傘憂さ深ければ深くさし 新部とし子/群馬
鳴らぬ子の草笛鳴りて歩き出す 葉鳥洵/三重

【柳田征司先生特選】
落椿日を跳ね返す力有り とくのあけみ/愛媛
槌音のいつしか止みて春真昼 向井隆子/広島
楢櫟空広げゆく芽の力 野田ゆたか/大阪 
堤防のものの芽踏んで鬼ごっこ 高橋秀之/大阪
風道へ高く差し揚ぐ干鰈 平野あや子/兵庫
ようやくに成し遂げしこと春動く 野田ゆたか/大阪
鳴らぬ子の草笛鳴りて歩き出す 葉鳥洵/三重
ぶらんこの声青空に放り出す 池田多津子/愛媛

【渡部芳紀先生特選】
かるたとり眼一点千代女の句 吉川豊子/愛知
ジョギングの肺一杯に五月かな 森田涼/千葉
やわらかき日差し集めて辛夷咲く 太田淳子/鳥取
色かたち愛しみつつ苺食う 濱田美穂/兵庫
壷焼や身もはらわたも一口に 安丸徹二/兵庫
更に今日伸たる麦穂天を突く 伊藤笑留人/愛媛
春日傘憂さ深ければ深くさし 新部とし子/群馬
歩を止めて一番星を花の間に 藤田荘二/神奈川

◆

【入選26句】
チューリップの花束胸に卒業す 董氷峰/岐阜
草もちの香りラップに包み込み 山崎美笑/東京
春の夜の越後訛りのここちよさ 大給圭泉/東京
菜の花を揺らし続けて貨車の列 徳毛あさ子/広島
「好きです」と言えぬつぼみに霞たつ 白石友紀/愛媛
春耕し新しき畦風通る 日野正人/愛媛
角曲がるや春の朝日が真正面 馬場江都/大阪
ゆるぎなく桜前線飛騨を超ゆ 長瀬正之/神奈川
まっすぐな雨まっすぐな糸柳 おおにしひろし/愛媛
荷のひとつ紅葉山抜け赴任了ゆ 相沢野風村/宮城
実南天ここに夕日のあつまれり 吉川壮之典/愛知
雪のけて土の香りの萌えあがる 若狭恵子/富山
夜汽車ゆく春満月も並びゆく 藤田裕子/愛媛
げんげ田の明暗まぶし雲過ぎる 前田修平/千葉
春立ちて巡り来るもの戻らぬもの 山中啓輔/大阪
肩上げの今もそのまま白絣 田代統子/長野
一年の計膨らみし初湯かな 三島怜子/東京
陸へ投げ渡す纜花の雨 原紀/茨城
さくらんぼ転げるように君が好き 松本正志/兵庫
耳の日や耳を塞ぎて聞く鼓動 町田智司/神奈川
いさかひのもとは子のこと栗のめし 柳葉繁/千葉
一杯の酒うまさうに桜守 神谷郁子/愛知
菜の花のふわり浮かびし潮汁 渡辺酔美/北海道
ボンボリに灯の入りさくら色を増し 加藤キヌ子/山口
さくら散るスクーターの背膨らませ 小西宏/神奈川
草餅を食みつつ歩む札所道 守屋光雅/岩手


▼賞状・賞品の郵送をご希望の方は: @送料千円(雑費を含む)を下記口座にお振込みください。 ○伊予銀行本町支店 普通預金1860549 ○名義 水煙ねっと(スイエンネット) A賞状・賞品郵送の申込メールを、送付先、電話番号を 明記の上、事務局宛にお送りください。 ※[入選26句]には、賞状のみで、賞品はありません。 他の入賞には、賞状・賞品が郵送されます。 ▼第1次予選は、 インターネット俳句コンテスト実行委員会が審査致しました。 インターネット俳句コンテスト実行委員会 委員長 高橋正子 事務局メール:contest040513@suien.org 電話:089-925-6023



■入賞作品/第1回〜第14回■

第1回(1997秋) 第2回(1998冬) 第3回(1998春)
第4回(1998夏) 第5回(1998秋) 第6回(1999冬)
第7回(1999春) 第8回(1999夏) 第9回(2000春)
第10回(2000秋) 第11回(2001秋) 第12回(2002秋)
第13回(2003秋) 第14回(2004春)