第1回インターネット 俳句 コンテスト
1997年秋

主催
インターネット俳句コンテスト実行委員会

審査員
高橋信之 愛媛大学名誉教授



◆入賞作品◆

【一般の部】

★金賞★
湯のはじく乳房の張りよ夕月夜 松山・藤田洋子

★銀賞★
朝霧でまつげ濡らして山頂へ向かう 砥部・鳩崎良一

★銅賞★
野分け去り滑り行くかに青い月 徳島・たけだ かずえ


★入選★

くっきりと雲まっ白に秋が来た 重信・八木泰子

亡き父の花壇の上を秋の風 新居浜・岸本次郎

徹夜明け気づく寒さの秋となる 砥部・西森 勤

白萩を朝から吹いて野の風よ 松山・高橋正子

顔に触れる高さに萩の揺れて止む 砥部・脇坂公司

秋晴れて重信らしき風の吹く 重信・篠原和子

紅葉に入れば入るほど高ぶるものよ 松山・菊池昭雄

蝶が飛ぶ砥部の朝日に浮かれ飛ぶ 松山・菊池昭雄

涼風に手あげてさりげなき別れ 松山・野上哲斉

紅葉狩光源氏が来る予感 岩手・武田稲子

どうですか釣れてますかと鯊日和 藤沢・柳沢公明

【学生の部】

★金賞★
つかまえた声の正体くつわ虫
福山東小3年(広島)徳毛 淑

★銀賞★
枯れ木になり枯れ木の下に僕がいる
福音寺小1年(愛媛)菊池美思子

★銅賞★
初夏の海へ解き放されている私
済美高3年(愛媛)八木清歌


実行委員会委員長 高橋正子


インターネット俳句センター